腎移植による腎不全の治療

腎移植による腎不全の治療

腎不全の治療法としては透析治療が代表的ではありますが、腎移植を行うという選択肢もあります。
腎移植が成功すれば透析を行う必要はもちろんありませんし、合併症なども改善が期待出来ます。
つまり、透析治療以上に症状の改善を見込むことが出来る治療法です。
とはいっても腎移植後は拒絶反応を抑制するための免疫抑制剤を使用したりと、継続的に事故管理には気をつけなくてはいけません。
また、腎移植の際には様々な検査を行って移植が可能かどうかをまず調べる必要があります。
例え腎臓が提供されたとしても適合しなければ意味がありませんし、提供される腎臓は多くありませんので必ずしも移植が行えるとは限りません。
では腎移植の方法についてですがこれには2つの方法があります。
まずは生体移植、そして献腎移植です。
生体移植は肉親など、生きている人から移植する方法で、献腎移植は亡くなった方の腎臓を移植してもらう方法です。
腎移植の際には当然手術が必要となりますが、手術自体には大きなリスクはありません。
腎移植の場合、手術そのものよりも手術後に拒絶反応が起きないかどうかが問題と言えるでしょう。