腎不全と社会保険制度の関係について

腎不全と社会保険制度の関係について

腎不全の治療法として、透析治療という選択肢があります。
しかし、透析治療を行うにあたって気になる点があるという方も多いでしょう。
特に費用の面に関心があるという方は少なくありません。
経済的に透析治療が行えるのかどうかを気にするのは当然のことと言えます。
もし経済的に苦しい状況であるのであれば、透析治療は諦めなければいけないのでしょうか。
そんなことはありません。
透析治療には患者の経済的負担を軽くするために社会保険制度が設けられているからです。
社会保険制度としては公費負担医療制度と障害者医療の2つが挙げれます。
公費負担医療制度についてですが、必要は申請をして特定疾病療養受領書を取得するば患者が負担する額は月に1万円までとなります。
障害者医療については、居住地の福祉事務所に身体障害者手帳取得の申請をしなければなりません。
腎機能障害の場合は症状に応じて1、3、4級と分けれられおり、透析治療が必要な方の場合は一般的に1級と判断されます。
身体障害者手帳を取得することによって、厚生医療、育成医療、重度障害者医療費助成制度を利用出来るようになります。
これによって患者が負担する額を軽減することが出来るのです。