腎不全の治療法の1つ、自動腹膜透析

腎不全の治療法の1つ、自動腹膜透析

末期の腎不全と判断された場合、透析治療を行うことになります。
この透析治療の方法の1つとして自動腹膜透析というものがあります。
文字通り腹膜統制の1種で、APD療法などとも呼ばれています。
自動腹膜透析には自動腹膜灌流装置と呼ばれる装置が使用されることになります。
家庭で、睡眠中に透析を行うことが出来るというのが最大の特徴であり、バッグ交換を行う手間も省くことが出来るため通常の腹膜透析よりもさらに利便性が向上しています。
通常の腹膜透析では1日に4度バッグ交換を行わなければいけません。
これが必要無くなるということですから日常の生活も大きく変わるはずです。
基本的には睡眠中に行う自動腹膜透析ですが、なんらかの理由で介護者が必要な生活をしている場合などは介護者がいる間に透析してしまうことも可能です。
自動腹膜透析の方法についてですが、これは一般の腹膜透析と大きな違いはありません。
寝る前に透析液バッグと回路を装置にセットします。
これで翌朝目が覚める頃には透析が自動で行われ終了しています。
透析終了ご使用したバッグと回路は処分すればいいだけですので誰でも簡単に治療を行うことが出来ます。