腹膜透析について

腹膜透析について

腎不全の症状が悪化すると、最終的には透析治療を行うことになります。
その1つの方法として腹膜透析(CAPD)があります。
一般的な治療方法である血液透析の場合、血液を取り出して浄化し、再度体の中に戻すのですが、腹膜透析の倍では腹膜を利用して24時間常に透析を行うことが可能になります。
透析液を腹膜に囲まれている腹腔内へと注入、その後腹膜を閉じて血液の中の老廃物や塩分などを透析液へと移していきます。
これを体から取り出すことによって血液を綺麗な状態にします。
この腹膜透析を行うためにはまずカテーテルを腹部へ埋め込まなければならず、そのためには手術が必要です。
手術後カテーテルは体の外にもわずかに出てしまいますが日常の生活に影響を与えることはありません。
しかし、このカテーテルになんらかの理由で雑菌などが入ってしまつお腹膜炎になる恐れがあります。
抗生物質の投与ですぐに治るものではありますが注意が必要でしょう。
なんども腹膜炎を起こしてしまう場合にはカテーテルそのものを取り替える場合もあります。
また、長期間腹膜透析を行っていると腹膜が傷んで被嚢性腹膜硬化症を起こしてしまう可能性もあります。