腎不全患者の退院後

腎不全患者の退院後

腎不全になり、症状の悪化を防ぐことが出来ずにいると最終的には透析治療を行う必要が出てきます。
透析治療についてはもちろんですが、腎不全の患者さんの中には退院後の生活がどのように変化するのか、この点を気にしている方も少なくありません。
こうした部分までしっかりと把握することが出来れば不安も減り、安心して治療に専念することが出来るでしょう。
まず、透析治療を行うことになると退院したらもう治療を行わなくてもよいということにはなりません。
退院後も週に2回から3回は透析治療のために医療機関を訪れる必要があります。
しかし、透析治療の時以外の生活に関しては健康な人とほとんど変わらない生活を送ることが出来ます。
とはいえ透析治療は1度に4時間程度の時間がかかってしまいます。
これを週に2回から3回行うとなると、お仕事などには少なからず影響が出てしまうでしょう。
医療機関の方でスケジュールを変更してくれたりもしますので、何かあった時には相談してみるのもよいでしょう。
また、食事に関しては退院後も制限する必要があります。
塩分、水分、カリウム、リンなどは特に気を付けて摂取をコントロールしなければなりません。