腎不全の治療方法の1つ、血液透析について

腎不全の治療方法の1つ、血液透析について

腎不全の治療方法の1つとして、血液透析があります。
血液透析とはどのような治療方法なのでしょうか。
血液透析はHD(Hemodialysis)とも呼ばれている治療方法で、現在、腎不全の治療方法としても最も採用されているものです。
具体的な治療内容についてですが、まず細い管を使って血液を体の外に出してしまいます。
これを透析器であるダイアライザーに通し、そこで血液中の老廃物や余分な塩分、水分をろ過し血液を浄化します。
血液の浄化が終わり正常になったらこの血液を再度体の中に戻していきます。
こうした治療を行うためには血管に針を刺して血液を取り出す必要が出てきます。
これには血液を取り出す取り出し口が必要になり、これをシャントと呼んでいるのですがこのシャントを作るためにまず手術を受ける必要があります。
手術自体は難しいものではないので安心です。
これが血液透析の具体的な内容ですが、こうした治療をどの程度のペースで行うのでしょう。
一般的には1週間で2回から3回、1度にかかる時間は4時間程度になります。
基本的には病院などの医療機関で行うことになりますが、自宅での治療も可能です。