腎不全と透析治療

腎不全と透析治療

腎不全は、症状の悪化をしっかりと防止することが出来なければ最終的には透析治療が必要なほどになってしまいます。
透析治療というと非常に大変な治療であるというイメージを持っている人も少なくないでしょう。
確かにその通りなのですが、現在では透析治療も従来のものとは大きく変わってきています。
とはいっても透析治療は長い期間行わなければいけませんし、中には30年以上治療を続けているという方もいらっしゃいます。
こうしたことを考えると透析治療を行うということ自体ためらってしまうという方もいると思います。
しかしそれでは合併症を発症したり、心臓病を悪化させてしまう可能性があります。
もし透析治療をしなければいけないという状況になったら、透析治療を行わないのではなく、どのように透析治療と向き合うのかを考えましょう。
末期の腎不全の場合、透析治療の他に腎移植という選択肢もあります。
腎移植を選択するというのも1つの考え方です。
透析治療の場合、血液透析と腹膜透析というものがあり、現在では2つを組み合わせているという方もいます。
中でも血液透析は自宅で治療を受けるということも可能です。