腎不全になったら適切な塩分の摂取を

腎不全になったら適切な塩分の摂取を

腎不全の悪化を防ぐめに食事療法を取り入れることは珍しくありません。
この場合、食事の際に摂取する栄養素について注意をする必要が出てきますが中でも注意しなければいけないのが塩分です。
塩分は腎不全と密接な関係があり、きっちりと制限する必要があります。
腎不全になってしまっている人の場合、腎臓から塩分を排出する機能が低下してしまっています。
そのため普通に塩分を摂取していても体の中に塩分が蓄積していってしまい高血圧の原因になります。
高血圧は腎不全にとって非常によくない状態です。
そのため食事療法によって塩分をコントロールしなければいけないというわけです。
また、浮腫の症状が強く出ている場合にも塩分を控えなければなりません。
症状の悪化に繋がってしまうからです。
このように、腎不全の場合に塩分を控えるというのはよくあることですが、全く逆のケースも存在します。
それが塩分喪失性腎炎を引き起こしている場合です。
この場合には塩分を控えることによって脱水症状を起こしてしまう可能性があります。
つまり、症状によって全く対処法が変わってくるのです。
、食事療法を行う場合は必ず医師の指導を受けましょう。