腎不全における一般療法

腎不全における一般療法

腎不全は悪化を防ぐことがとても大切になりますが、その場合の方法として一般療法、食事療法、薬物療法の3つがあります。
ここでは一般療法について詳しく見ていきましょう。
一般療法というのは、安静、禁煙そして異常時の適切な対応があrます。
まず、安静についてですが腎臓の健康を考えた場合激しい運動などがよくないとはっきりとわかっているわけではありません。
しかし、横になった状態から立ちあがった時など、腎臓に流れる血液の量が少なくなっているということがわかっています。
この状態が長時間続いてしまうと尿の量も少なくなってしまいます。
そのため腎不全の人が立ち仕事などをしている場合、尿の量が減ってしまいその結果睡眠中に何度もトイレに行きたくなってしまったりします。
そのため、定期的に横になるなどの対策が必要になります。
また、タバコを腎臓にとって大敵と言えますので腎不全になったら禁煙をすることも大切です。
アルコールも同様に飲み過ぎはいけません。
適量程度にするようにしましょう。
最後に異常時における対応ですが、例えば風邪をひいて食欲が落ちてしまっただけでも腎不全の人はすぐに脱水症状を起こしてしまいます。
そして腎不全がさらに悪化してしまうのです。
何かあった場合にはすぐに病院に行きましょう。