慢性腎不全の症状について

慢性腎不全の症状について

腎不全には急性腎不全と慢性腎不全があります。
急性腎不全の場合であればその原因を取り除くことによって腎臓の状態も元に戻すことが出来ますが、慢性腎不全の場合にはそういうわけにはいきません。
では慢性腎不全とはどのようなものなのでしょうか。
慢性腎不全になってしまうと、低下した腎臓の機能を元に戻すということが出来なくなってしまいます。
なぜそのような事態になってしまうのか、これは腎疾患の症状がひどくなってしまうことが原因と言うことが出来るでしょう。
腎疾患としては慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、多発性骨髄腫、悪性高血圧、膠原病などが挙げられます。
では、慢性腎不全になってしまうとどのような症状があるのでしょうか。
腎臓の機能が低下してしまうわけですから、尿毒症にかかってしまう可能性がまずあります。
さらに、心不全、高血圧、肺水腫などは慢性腎不全になってしまった患者のほとんどで見られる症状となります。
こうした症状以外にも、骨軟化症、精神異常などの症状も考えられ、慢性腎不全になると様々な症状に悩まされることになります。
慢性腎不全というのは非常に恐ろしものだということを把握しておくべきでしょう。