急性腎不全の症状について

急性腎不全の症状について

腎不全と一言でいっても実はいくつかの種類に分かれています。
腎不全には急性の腎不全と慢性の腎不全があるからです。
ここでは急性腎不全について詳しく見ていきたいと思います。
まず、どのようにして急性腎不全になってしまうか、その理由について紹介していきましょう。
急性腎不全になるきっかけというのは一過性のものが原因であると考えられていて、この原因によって腎臓になんらかの支障をきたし、その結果腎臓の機能が急激に落ちてしまうことをいいます。
しかし、急性腎不全にはなんらかの原因があるということになりますので、その原因をしっかりと取り除いてあげれば腎臓の機能も元の正常な状態へと戻すことが出来ます。
原因として考えられているのは脱水、尿路閉鎖、出血、ショック、腎血管障害、急性糸球体腎炎、アルコールの過剰摂取などが挙げられます。
では実際に急性腎不全になるとどのような症状が出るのでしょうか。
腎臓が正常な状態でなくなると、まずは体液の異常が発生します。
尿にもそれが表れ、尿の量が少なくなってしまったり、まったく出なくなってしまったりします。
また、むくみや心不全、不正脈、肺水腫の原因になる場合もあります。